• k.nuisach

借入金契約書の管理方法ーベトナム

最終更新: 2020年6月29日

 親会社からの借入金契約書(短期・長期)は、契約が数本になることが予想されるので、1つの独立したファイルをつくりましょう。


◇ファリングする方法

 ・各契約書毎にファイリングする。

 ・インデックスを作成する。

  (親会社との借入金契約書、中央銀行への登録書、中央銀行からの登録完了書)

 ・変更履歴をインデックスに入れていくようにする。


◇ファイリングしておくもの

 ・借入の契約書

 ・中央銀行への登録申請書

 ・中央銀行からの登録完了書

 ・借入金の入金明細

 ・返済時の送金明細(返済毎)


◇中銀の登録した返済計画変更時の手続き*

 ・契約書付録の作成

 ・中銀担当者に理由を説明の上、手続きの案内をもらう

 ・これまでの返済した金額をまとめる(銀行に承認してもらう)

 ・本社に変更内容を通知、確認してもらい契約書付録に署名、捺印をもらう

 ・中銀の指定する日数内に原紙を中銀に提出

  (自社控え、中銀、親会社控えの3通必要)

   (*地域によって手続きが違う可能性も)


◇ワンポイント

 ・借入返済の際は、銀行送金明細の摘要に借入金番号を入れておく

 ・借入返済は契約数が多くなっても1つの月にまとめる

  (毎月返済が起こるような契約にすると、資金移動、資金準備、資金繰りが大変になる。)

 ・利息の負担先が親会社なのか、子会社側なのかでFCTの計算方法が変わる

 ・借入の契約は1つのExcelにまとめ、何年単位で毎年いくら返す計画なのか、表にまとめる

 ・30日/1か月、360日/1年の利息計算が簡単、分かりやすい

  (未払利息計上時、返済時の利息計算時)

 ・通貨がUSDの時、USDマーケットが休みだとその日返済ができなかったり



15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示